保育士は天使ママ

県内有数のお嬢様大学卒で、憧れの保育士にもなり、学生時代から付き合っていた大好きな彼とも結婚ゴールイン!からの義母との同居、DV、モラルハラスメント、子どもとの死別、離婚・・・。などなどの大転落人生。笑いありちょっぴり涙ありの天使ママになった保育士、きもったま母ちゃん桜の大奮闘記。自由への扉。

天使ママ~月くん天使になる~

きもったま母ちゃん桜です(^^)v

 

月くんはとても綺麗な顔をしていました。

 

死装束は退院の時等に着せる真っ白のベビードレスにしました。

 

葬儀社にも何件か断られました。

 

↑いまだに意味わかりませんよo(`^´*)

 

連絡をして、家にまで来て、

『家は赤ちゃんの葬儀は扱っておりませんので…』

 

って、じゃあ来るなよ(@ ̄□ ̄@;)!!

 

結局最終的に受けてくれたところで、親戚だけて小さく執り行いました。

 

でも…

 

棺にに入れるとき…

 

そして、棺の蓋を閉められるとき、

 

必死に月くんを渡すまいと

 

前に立ちはだかる桜母ちゃん。

皆さんを困らせてしまったことを反省しています。

 

でもあの時は

 

自分の行動を止められなかった。

月くんをあんな狭い場所に一人で入れるなんてありえない!

 

そんな私のワガママを

駆けつけてくれた多くの人たちは黙って待っててくれました。

 

焼き場では

『大変小さいので骨が残らないかもしれません…』

 

と言われました。

 

『焼き加減気を付けます』

とも…

 

いや家の子、魚じゃないし…

複雑すぎる…(T_T)

でも遺骨は残してほしいし…

 

ただただ待つこと2時間。

皆さんには食事をしてもらって

私はただ月くんの入った部屋をずっと見つめてました。

 

 

月くんはちゃんとお骨を残して

天国に旅立ちました。

 

 

私が天使のママになった日です。

 

月くん。帰ってきて。

 

何度も何度も願っても

もう叶うことはありませんでした。

 

 

 

頑張ってる!あたし!

頑張ってる!天使ママ!

頑張ってる!病気っ子ママ!

頑張ってる!自閉っ子ママ!

頑張ってる!シンママ・シンパパ!

頑張れ!脱モラハラ

  自分らしく生きよう! 桜