保育士は天使ママ

県内有数のお嬢様大学卒で、憧れの保育士にもなり、学生時代から付き合っていた大好きな彼とも結婚ゴールイン!からの義母との同居、DV、モラルハラスメント、子どもとの死別、離婚・・・。などなどの大転落人生。笑いありちょっぴり涙ありの天使ママになった保育士、きもったま母ちゃん桜の大奮闘記。自由への扉。

自閉症スペクトラム.ADHD.ADHD~モラ夫の反応~

きもったま母ちゃん桜です(^^)v

モラ夫に報告

 *1モラ夫に報告するときが来ました。

 

発達外来に『受診してもいい』

 

www.kimotamakachan.com

 

 

と言ったモラ夫でしたが、初診を待つ間

『医者にかかるのはお前の勝手だけど太陽は普通だ』

『実際に診断が出なかったらどうしてくれる』

『診断が出たら信用してやる』

『お前は太陽を障がい者にしたいのか』

 

などなど、ホントに色んな言葉で口撃(攻撃)を受けました。

言い返さない。言い返さない。

 

心の中で呪文のように繰り返す桜母ちゃん。

 

でも一言。

 

『まぁ、受診して発達障害はありませんって言われたらいいよね』

とだけ冷静に言ったことはあります。

 

私は太陽くんに『障がい者』になって欲しいなんて思っていません。

それにその言葉は、実際に障害を持って産まれた方にとって、

差別そのものの言葉です。

そう産まれたくてそうなったのではない。

周りが支えて助け合って当たり前。

 

太陽くんだって、同じ。

太陽くんがより幸せに生きてもらうために、私は発達外来に向かったのです。

 

今、モラ夫に邪魔されるわけにはいきません。

 

言い返さない。言い返さない。(--)

モラ夫の言葉は聞き流す!!!がんばれ桜!

 

診断の結果を伝える

そして、実際に診断が降りたことを報告しました。

私が予想していたADHDだけでなく、

自閉症スペクトラムの診断もおりたこと。

薬が必要なこと。

薬は副作用の少ないものを選ばない?と言う相談(のフリ)笑

 

モラ夫の反応

『マジでか・・・。』

『やばいな・・・。』

とかなんとかつぶやきながら自分の書斎へ。

 

モラ夫はモラ夫で

ググりに行った模様。

 

それからしばらくは、モラ夫なりの療育が始まりました。

 

ちょっと見直しました。

それなりに、

やはり子どもはかわいく思ってるんだ。

 

よかった。

 

と思ったのもつかの間。

 

(-、-;)

 

モラ夫が頑張る反面、モラ夫も恐らく

桜母ちゃんの見立てではADHD*2ASD有り・・・。

なので、長くは続きません

と言うか、その時の気分で太陽くんに対する対応が

療育的な対応

怒りに任せて叱りつける。叩く。つねる。の最悪な対応にかわる。

 

  やめて~(><)

 

一貫した方針や関わりが変わるのが一番太陽くんを

混乱させるのよ~!!!!!!

 

 

あぁぁぁぁ。

一番近くに・・・

一番の敵が居た・・・

 

 *1

*2

頑張ってる!あたし!

頑張ってる!天使ママ!

頑張ってる!病気っ子ママ!

頑張ってる!自閉っ子ママ!

頑張ってる!シンママ・シンパパ!

頑張れ!脱モラハラ

  自分らしく生きよう! 桜

*1:・モラ夫:モラルハラスメント夫=太陽くんの父親

*2:自閉症スペクトラム