保育士は天使ママ

県内有数のお嬢様大学卒で、憧れの保育士にもなり、学生時代から付き合っていた大好きな彼とも結婚ゴールイン!からの義母との同居、DV、モラルハラスメント、子どもとの死別、離婚・・・。などなどの大転落人生。笑いありちょっぴり涙ありの天使ママになった保育士、きもったま母ちゃん桜の大奮闘記。自由への扉。

先天性心疾患~外科執刀医からの説明~

きもったま母ちゃん桜です(^^)v

 最初、11時間近く誰からも何の連絡も無いままに、

 

後一時間で終わるのかなー。

何かあったらすぐに知らせがくるよねー。

 

なんて、呪文のように心のなかで繰り返しながら待っていた桜母ちゃんは、

 

予想外の一時間前に看護士さんが来たとき、正直、瞬間ドキッΣ(; ゚Д゚)

 

としました。

 

『何かあった?!Σ(×_×;)!』

と、ドキドキ…。

 

『今終わってICUで、処置中ですのでしばらくお待ちくださいね。30分くらいかかります』

 

と言われ、待つこと5分位で

 

今回執刀してくださった小児心臓外科医の先生が現れ、

 

『良い状態で戻ってこられました』

 

と聞いた瞬間、

『有難うございます有難うございますo(T△T=T△T)o』

 

と拝み倒すばかりの桜母ちゃん…。

 

続けて先生は

『ちょっとしたイレギュラーも在りましたがね。』

 

と、お話を続けられたけれど、

ほぼ聞いてない?

いや聞いているんだけど(笑)

 

それ以上に

 

生きて帰って来てくれた!!!

 

その事に興奮しすぎて頭をスルーしてしまっていたというか…(・・;)

 

先生がICUに向かってから、

 

( ・◇・)?

 

先生、結構大事なこと言ってた。

 

あーでも早くひまわりちゃんに会いたい。

 

でも、まだICUに入れない!

 

で、先生何言ってたっけ?( ・◇・)?

 

一つ目は

一回目の手術の時の癒着を剥がすのに、声帯の神経を触らざるを得なかったこと。

 

↑しばらく声がでないか、今までの声と変わる可能性を示唆されていました。

 

二つ目は、

血管引っ張るときに心臓の大きさが足りなくて、心臓の一部を人工物で形成してきた。

 

と言っていました。

 

(`Д´≡`Д´)??結構重大くない?

 

先生サラッと居なくなったけど、

ひまわりちゃんの心臓、一部分人工物になっちゃったの?

 

( ̄□ ̄;)!!なんてこった!!!

 

よくよく考えたら何か、すごい。

そして、それを先生…

 

予定時刻よりも一時間も早くこなしてきた?

 

て、丁寧にやってくれたよね?

 

いけない、いけない!

先生はきちんとやってくださってるはず!!!

 

あぁ、

とにかく早くひまわりちゃんに会いたい。

 

 

やっと、ひまわりちゃんの居るICUへ行けるときが来ました。

 

 

そこには…(´д`|||)

変わり果てた姿のひまわりちゃんが寝ていました。

『数日は絶対安静にしたいので、しばらく麻酔を調節して目が覚めないようにコントロールします。』

 

と説明を受けた瞬間!!!

 

パチッ!!!

 

いきなりひまわりちゃんの目が全開に開きました!!!

 

( ̄□ ̄;)!!ビクッ!

 

看護士さんも先生達も桜母ちゃん達もぎょっとした出来事でした。

 

今となっては笑い話ですo(*⌒―⌒*)o

 

ひまわりちゃんはすぐに目を閉じまた眠っていきました(^^;)))

 

ひまわりちゃんは、

鼻から酸素。

両手に点滴。

(点滴の本数半端ない!輸血も含めて8本くらい?)

首筋に点滴。

自発呼吸はまだできず、

足にも点滴。

身体からはドレーン(体内の血を抜くためのチューブ)

おしっこを出すためのチューブ。

 

いったいどれだけの管に繋がれているのか。

 

まだ服を着ることも出来ずに毛布が掛けられていて、弱々しく顔色悪くただ、じっと寝ていました。

 

その日はそのまま帰ることにしました。

 

 

頑張ってる!あたし!

頑張ってる!天使ママ!

頑張ってる!病気っ子ママ!

頑張ってる!自閉っ子ママ!

頑張ってる!シンママ・シンパパ!

頑張れ!脱モラハラ

  自分らしく生きよう! 桜