保育士は天使ママ

県内有数のお嬢様大学卒で、憧れの保育士にもなり、学生時代から付き合っていた大好きな彼とも結婚ゴールイン!からの義母との同居、DV、モラルハラスメント、子どもとの死別、離婚・・・。などなどの大転落人生。笑いありちょっぴり涙ありの天使ママになった保育士、きもったま母ちゃん桜の大奮闘記。自由への扉。

先天性心疾患~ICU~

きもったま母ちゃん桜です(^^)v

 翌日、ひまわりちゃんの元に行ってもまだ眠らせていました。

でも、絶対じっとしていた方がいいから、ゆっくり寝ててね!


と思う反面、先生は

『明日くらいから少しずつ覚醒させようかと思っています。』

と。


そうか…(・・;)

ずっと寝てるわけにはいかないよね。

起きたら痛いのかな。


苦しいのかな(T-T)考えると胸が痛い…(T△T)


熱もまだ高いし、血圧も凄く高いままで、先生は

『術後の熱は仕方がないとして、血圧が高すぎるなー。』

とそこを心配されていました。


三日目、前日に言われた通り、麻酔の量を調節して、ほんのり目を覚ました状態のひまわりちゃんがいました。


でも、看護士さんが

『少し興奮するだけで血圧が半端なく上がるので、血圧が上がる度に麻酔を調節しています』


と前置きを頂いてからの入室。


ドキドキしながら…

ひまわりちゃん起きてるのかな(⌒‐⌒)


そばに行くと

半目を開けて、ぼーっとしているひまわりちゃん、まだ自発呼吸は安定しないらしく、人工呼吸器は抜管さらておらず。


しかし


私がそばに行くと母に気が付きひまわりちゃん大興奮!!!!( ̄□ ̄;)!!


声は出ないが母を求めて動こうとする!!

ぽろぽろと涙をこぼす姿はたまらない

(´;ω;`)


ひまわりちゃんを抱き上げたい!

触れたい!!!


そばに駆け寄ろうとすると、

医師からストップがかかりました。


『お母さん!血圧が限界です!!退室してください!!!』


(。>д<)なんで!

目の前で、愛しい我が子が私を求めて泣いているのに…。


そばに行けないなんて…。


ICUの外で待っていると看護士さんが出て来て言いました。


『しばらくは寝ている間の面会にしましょうか』


…(T△T)

ひまわりちゃん……


頑張ってる!あたし!

頑張ってる!天使ママ!

頑張ってる!病気っ子ママ!

頑張ってる!自閉っ子ママ!

頑張ってる!シンママ・シンパパ!

頑張れ!脱モラハラ

  自分らしく生きよう! 桜