保育士は天使ママ

県内有数のお嬢様大学卒で、憧れの保育士にもなり、学生時代から付き合っていた大好きな彼とも結婚ゴールイン!からの義母との同居、DV、モラルハラスメント、子どもとの死別、離婚・・・。などなどの大転落人生。笑いありちょっぴり涙ありの天使ママになった保育士、きもったま母ちゃん桜の大奮闘記。自由への扉。

先天性心疾患~胸帯(きょうたい)~

きもったま母ちゃん桜です(^^)v

 手術後のケアの一つとして、

ICUを出てからずっと続けていたことがあります。

 

それは、胸帯です(*´ω`*)

 

傷口が綺麗に塞がるように、傷口にテープを張った後、毎日、お風呂の時間以外

 

ずーっと、着けていなくては行けません!

こちらが胸帯↓


f:id:kimotamakachan:20171013002536j:image

胸帯を付けると凄く汗をかくので、

胸帯の前に、薄いタオルを一本巻きます!

 

今のひまわりちゃんが、

実演してくれました(笑)(^^)d


f:id:kimotamakachan:20171013002740j:image

 これ中々コツが要りますσ(^_^;)

 

キツすぎず緩すぎず…。

 

む、難しい…。

 

最初は傷口痛くないのかなー(*ToT)

 

と恐々だった桜母ちゃん。

看護士さんが、

『結構きつめに巻いてあげてください!』

 

『手術の時、肋骨を一度、切ってるので、しっかり閉めてあげると本人も楽なんですよ(^-^)』

 

と教えていただいてからと言うもの

ひまわりちゃんと

『これくらい?』

と話し合いながら毎日取り組んできました

(*´ω`*)

 

退院してからも半年近く毎日付けていました。その頃にはふたりともすっかり慣れて、

 

お風呂の後は大の字に寝てくれるひまわりちゃん("⌒∇⌒")

付けていて心地のいいタオルを自分で選んできて、セットして、

 

その上にごろん!

 

とっても上手に出来るようになりました。

 

ただ、またまた季節は巡り、今度は春になってくると、

胸帯暑い!!!

 

油断するとタオルが汗でべちゃべちゃに

Σ(゜Д゜)

一日に何度も変えることが頻繁になりました。

 

そして、少しずつ動けるようになってきたひまわりちゃんの悩みは

 

胸帯が落ちて腹巻きになること(笑)

 

腹巻きになってしまう度に

ゲラゲラと笑いながら、

『おかあさーん!腹巻き!!!』

 

と教えに来てくれるひまわりちゃんなのでした。

 

一番小さいサイズのSでも、どうしても落ちちゃうのですよねー。

ひまわりちゃん細いんだものσ(^_^;)

 

頑張ってる!あたし!

頑張ってる!天使ママ!

頑張ってる!病気っ子ママ!

頑張ってる!自閉っ子ママ!

頑張ってる!シンママ・シンパパ!

頑張れ!脱モラハラ

  自分らしく生きよう! 桜