保育士は天使ママ

県内有数のお嬢様大学卒で、憧れの保育士にもなり、学生時代から付き合っていた大好きな彼とも結婚ゴールイン!からの義母との同居、DV、モラルハラスメント、子どもとの死別、離婚・・・。などなどの大転落人生。笑いありちょっぴり涙ありの天使ママになった保育士、きもったま母ちゃん桜の大奮闘記。自由への扉。

自閉症スペクトラム.ADHD~スクールカウンセラー~

きもったま母ちゃん桜です(^^)v

スクールカウンセラー

太陽くんの変化があまりに著しい中、

 

ある日、学校のスクールカウンセラーさんに呼び出されました。

 

今の太陽くんの学校での様子で、気になったことがあるので、伝えたいと。

学校での様子

スクールカウンセラーさんの話では、

 

太陽くんは、所構わず相手構わず、

怒りを吐き出しているとの事。

 

授業中も、正直、授業になっていないと…。

…。(・・;)

 

ひっくり返って漢字を繰り返し書くのは嫌だとわめき散らしたり、

 

プールに『水筒を持ってくるように』と

先生に言われたから、『嫌だ』と、答え、

友達が気を効かせて持ってきてくれると、

今度はプールにその水筒を置いてくる。

 

他の男の先生が

『太陽くん水筒忘れてるぞ!』

と持ってきてくれると、

『僕が持っていった訳じゃない!要らない!』

と反抗的な態度をとって、こっぴどく叱られたり。

…。何やってるの。

太陽くん。

あの、穏やかで優しい太陽くんはどこへ行ってしまったの( TДT)

 

予想していたより、学校での様子は相当ひどい…。

 

朝も、グズグズとして、学校に行きたがらないし…。

 

家でも私に対しても、

『僕に何か物が言いたかったら、こうこう、こういういいかたしなかったら、僕は聞かない!』

 

などと、桜母ちゃんにまでも

自分に対する態度や、言葉を指定してきたりしていました。

 

もちろん、桜母ちゃんはそこで叱ってしまいました。

大人に対してそんな態度はない!と。

いけないことだよ!と。

 

そして、太陽くん。パニックになって泣き叫ぶ。みたいな。

 

そんな事の繰り返し。

虐待被害児

一通り、スクールカウンセラーさんから、学校での様子を聞き、

 

家庭での太陽くんの変わりっぷりを話し、

転校してくる前の

モラ夫に押さえつけられながら家族が生きてきて、逃げ出して来た事も話した後。

 

実は…。

とカウンセラーさん。

 

『今の話を聞いて、やっと納得が出来たのですが…。』

 

『学校での太陽くんの怒りの出し方は、虐待被害児の起こす反応に凄く似ていると思っていたのです。』

と。

 

!Σ( ̄□ ̄;)なんですって!

 

『太陽くんは、今まで我慢してきたものを、膿を出すかのように、今、溢れだしているのです。』

『膿を出しきるまでは、2年、3年と掛かるでしょう。でも、大人になってから膿が出始めるよりも、こんなに早く出始めたことは、良かった事です。いつか必ず落ち着きます。今は受け止めるしかありません。』

と。

 

桜母ちゃん愕然(;>_<;)

 

スクールカウンセラーさんの話は続きました。

『ただ、このままでは太陽くんが辛そうです。通っている発達外来で、リスパダールと言う薬を出していただいてはどうでしょう。』

 

と助言をされました。

リスパダール

リスパダールは第二世代抗精神病薬で、気持ちを落ち着ける鎮静作用があります。このために、いろいろな病気で広く使われてきました。

また、自閉症児の興奮状態や自傷行為(易刺激性)などを落ち着けるために、穏やかな鎮静作用があるリスパダールが有効なのだそうです。

 

要するに、

余計な刺激を受けすぎないようにし、気持ちを落ち着いた状態に持っていく。

のだそうです。

今の太陽くんは、ホンの少しの刺激でひっくり返ってパニックを起こしてしまいます。

 

その、ホンの少しの刺激刺激と受け止めないようにするのだそうです。

 

何だか難しいですね( ̄▽ ̄;)

 

でも、何となく理解したので、

発達外来の先生にも相談をして、

コンサータの他にリスパダールも服用する事になりました。

 

 

頑張ってる!あたし!

頑張ってる!天使ママ!

頑張ってる!病気っ子ママ!

頑張ってる!自閉っ子ママ!

頑張ってる!シンママ・シンパパ!

頑張れ!脱モラハラ

  自分らしく生きよう! 桜