保育士は天使ママ

県内有数のお嬢様大学卒で、憧れの保育士にもなり、学生時代から付き合っていた大好きな彼とも結婚ゴールイン!からの義母との同居、DV、モラルハラスメント、子どもとの死別、離婚・・・。などなどの大転落人生。笑いありちょっぴり涙ありの天使ママになった保育士、きもったま母ちゃん桜の大奮闘記。自由への扉。

自閉症スペクトラム.ADHD~発達支援学級の進め

きもったま母ちゃん桜です(^^)v

 今日の太陽語録

『何でデザートが湯豆腐なの!!』

(;゜∇゜)…。杏仁豆腐だよ。

スクールカウンセラーからの提案

再びスクールカウンセラーさんに呼び出された桜母ちゃん。

ドキドキ…。

『最近学校ではどうでしょうか?』

と尋ねると、

『変わりないですね。少しの刺激で友達を追いかけ回し始めたり、漢字を極端に嫌がったり。怒りの爆発がとても頻繁に起こります。』

 

( TДT)『そうですか』

『家では、少し落ち着いてきたんですけどね』

 

とは言え、家に帰ってからも、ずっと家にいて、転校当初のように、友達に誘われて外に遊びに行ったりすることはなく、学校での話はほぼしないし、

聞いてみても『行きたくない。』

しか言わないな。

 

やっぱり学校という場所は刺激が多いのだよね…。

提案事項

続けてスクールカウンセラーさんは言いました。

『この学校は通級がありません。

しかし、今の太陽くんをこのままにしておくわけにはいきません。

そこで、私としては、太陽くんが苦しいときや毎日何時間目。と決めて、(教室からの)取り出しを行って、太陽くんのストレスを発散させる場所を作りたいと思うのですが、

お母さんはどう思われますか?』

 

と。

通級とは

通級(つうきゅう)とは支援学級に在籍して、出来る科目だけ普通学級の授業に通うこと。

ですが、

今のところ、この学校では通級はないとの事。

でも、太陽くんの状態があまりに悪いので、

普通とは逆ですが、

 

普通級に在籍しながらも、

辛いときは支援級に行かせてあげたい。

 

スクールカウンセラーさんは言ってくださったのです。

 

それは。

桜母ちゃんには、とても有り難いことに感じました。

太陽くんがストレスにさらされて、ずっと辛いよりも、

逃げれる場所があるのなら、良いんじゃないかな。

と感じました。

桜母ちゃんの回答

スクールカウンセラーさんには、

『異論はありません。よろしくお願いします。』

とお願いをしました。

学校の対応

スクールカウンセラーさんはすぐにも担任や校長先生に話をしてくださったそうです。

でも、中々話は進まず…。

 

前向きには検討してくださって居るようですが、何せ学校側としても、人員が充分な訳では無いのですから、当然だと思います。

 

しかし、スクールカウンセラーさんは粘ってくださったようで、

二週間ほどしてから、

太陽くんの支援級通いが始まりました。

太陽くんの反応

支援級にいってきた日はとても機嫌が良く、

『今日はさくらんぼさん(支援級の呼び名)に遊びにいってきたよ!何回叩いてもまたひっくり返すと叩けるおもちゃがあったんだー!すっきりしたー!』

 

などと、楽しそうに話してくれました。

 

ふむふむ。

太陽くん自身が支援級に行くことに抵抗がないなら、すごくいいじゃない(⌒‐⌒)

 

と嬉しく思いました。

頑張ってる!あたし!

頑張ってる!天使ママ!

頑張ってる!病気っ子ママ!

頑張ってる!自閉っ子ママ!

頑張ってる!シンママ・シンパパ!

頑張れ!脱モラハラ

  自分らしく生きよう! 桜