保育士は天使ママ

県内有数のお嬢様大学卒で、憧れの保育士にもなり、学生時代から付き合っていた大好きな彼とも結婚ゴールイン!からの義母との同居、DV、モラルハラスメント、子どもとの死別、離婚・・・。などなどの大転落人生。笑いありちょっぴり涙ありの天使ママになった保育士、きもったま母ちゃん桜の大奮闘記。自由への扉。

自閉症スペクトラム.ADHD~担任の先生への反抗?~

きもったま母ちゃん桜です(^^)v

 今日のひまわり語録

『痛っ!せんめんき!』

(;゜∇゜)…。静電気ね。

担任

支援級に通いながらも、

どれくらいかしてか気が付いたことがありました。

 

スクールカウンセラーさんは常駐しているわけではないので、

実際に太陽くんを支援級に行くかどうかをきめるのは、担任でした。

 

担任の先生はベテラン女史。

クラスが乱れることを非常に嫌うタイプのようです。

 担任の対応

太陽くんが暴れだすと。

『はいはい。さくらんぼさん行きますよ。』

って、

実際桜母ちゃんが病院のため

遅刻して連れていったときに、クラスに入れず嫌がった太陽くんに対し、

 

そのように対応したのを見て、

 

あれ?

太陽くん。単に邪魔がられてるだけ?

 

と感じてしまいました。

他にも、

『雑巾がけ』

を嫌がる太陽くんに、

『みんなと同じようにやりなさい!』

とビシッと注意をしていました。

 

その時も桜母ちゃん居合わせたので、

太陽くんにこっそり(潔癖なので)

『雑巾触るのが嫌なの?』

と聞いてみると。

『違う。雑巾がけの格好が嫌だ』

と答えました。

 

では、モップを使っても、他に何を使っても、その姿勢をとらなければ、皆と同じ結果が出せるのでは?

 

と思った桜母ちゃん…。

 

しかし、そのやりとりを見ていた担任の先生は

またもや

『早く掃除に行きなさい!皆と同じようにやりなさい!』

と。

 

頭がかたーい!!!(#`皿´)

 

まさかいつもこんな感じ?

たまたま太陽くんのカウンセリングが続いて学校の様子を見ることが出来ましたが、

それまでは、学校の様子をスクールカウンセラーさんや担任の先生からのお電話でしか知らなかったため、

 

実際の対応を見て、衝撃を受けました。

 

太陽くんの気持ちとか、理由とか全く聞いてないじゃない?(゜ロ゜;ノ)ノ

 

それで、心のケアとかって何よ。

 

どんなにカウンセリングに通っても、

支援級に行かせてもらっても、その時、楽しいだけで、元々の普通級ではストレス貯める一方じゃない。(*ToT)

 

何か可哀想。

保育士として。

発達障害のある子にとって、

『みんなと一緒に』

とか、

『みんなと同じ事をしなさい』

とはどれ程のストレスか。

 

それは身に染みているし、実際そのような対応を取ったことはないし、

クラスに入りたくなるような工夫をする事に力を入れていました。

 

学校は勉強がメインなので、やっぱり個別対応は無理なの?

 

いやいや、幼稚園だって、一人の担任で何とかしますよ?

保育園は3人に一人の加配保育士がついたりもしますが、実際はあっちのクラスこっちのクラスのお手伝いに回ったりで、やっぱりメインは担任だったけどな( ゜o゜)

(桜母ちゃんの場合、36人を副担任なしで、発表会も運動会もやって来たけど?)←追記 発達障害の診断ありの子一人含む年少。

 

学校ではそれができない?

そもそも、学校の先生ってもしや、

勉強を教えるのが仕事で、それ以外は自分の仕事ではないと思ってる?

 

とか、そこまで、

思ってしまうほど、

担任の先生の対応ぶりに学校に対して、不信感をもってしまった桜母ちゃんなのでした。

親として

しかし、やはり私は太陽くんの親なので、

迷惑掛けている側。一緒のクラスの子達にも授業を乱してしまうことも、申し訳なく思うし、

 

逆に、親だから、太陽くんにどうにか、何とか、前の学年の時のように、せめて授業を受けられるくらいに担任の先生に心を開いてほしい。と思ったり。

 

複雑でした。

 

そして、

 

何故だか、

担任の先生の対応ぶりと電話で対応してくれるときの対応のギャップに、何が本当で、何を信じて良いのかわからなくなってしまった桜母ちゃんなのでした。

 

頑張ってる!あたし!

頑張ってる!天使ママ!

頑張ってる!病気っ子ママ!

頑張ってる!自閉っ子ママ!

頑張ってる!シンママ・シンパパ!

頑張れ!脱モラハラ

  自分らしく生きよう! 桜