保育士は天使ママ

県内有数のお嬢様大学卒で、憧れの保育士にもなり、学生時代から付き合っていた大好きな彼とも結婚ゴールイン!からの義母との同居、DV、モラルハラスメント、子どもとの死別、離婚・・・。などなどの大転落人生。笑いありちょっぴり涙ありの天使ママになった保育士、きもったま母ちゃん桜の大奮闘記。自由への扉。

自閉症スペクトラム.ADHD~コンサータからインチュニブへ~

きもったま母ちゃん桜です(^^)v

今日のひまわり名言

『お母さん!あじゃらし!』 

(;゜∇゜)猫じゃらしね。

インチュニブとは

今まで、ADHDに効果のある薬と言えば、

コンサータストラテラでした。

コンサータの前にもありましたが、依存性が高く、問題になってから、この二種類が使われるようになりました。)

 

そして、今回、2017年の5月、日本では初めて認可されて使われ始めたのが

インチュニブです。

 

効果のほどは

コンサータはガツンと効く(飲み忘れると学校の先生でも、『あ、今日飲み忘れたな』と判るほど。)

しかし、

  • 副作用強め(特に食欲不振が多い)
  • 12時間かけて溶ける仕組みの薬なので、12時間しか効果は持たない。

ストラテラは効き目緩やか。

  • 副作用は少なめ。無い子もいる。
  • 太陽くんは頭痛が出た。
  • 人によっては効果が目に見えないことも。(太陽くんには合う薬ではなく効き目無かったです。もちろん、体質や人によっては良く効く人もいます!)
  • 一日二回服用するので、一日中効き目がある。

インチュニブコンサータストラテラの間位の効き目。

一日に一回の服用を毎日続けることで、一日中効果が現れるようになる。

副作用としては

  • 傾眠(太陽くんは、リスパダールと合わさって更に眠い!)
  • 血圧低下(太陽くんには起こらなかったが、要注意。)

何故インチュニブに変えたのか

ずっとコンサータで主に注意欠陥を抑え、集中力をコントロールしてきた太陽くんでしたが、

 

副作用の

  • 食欲不振

が顕著に現れており、二年使って、身長は一センチ、体重は一キロしか伸びず、育ち盛りにしては、ホントに食べる量が少なくて、育ち幅も少ない。

 

と言うことで、医師との相談の上で、土日だけはコンサータをお休みしていました。

 

そして今回リスパダールを飲み始めた太陽くんは、少し食欲が増し、食べることが楽しくなりましたp(^^)q

 

そして、土日にコンサータを飲まずにリスパダールだけを飲んでいる時に、ふいに、

 

『もうあの薬(コンサータ)は飲みたくない!』

『あの薬は僕の身体の中をぐちゃぐちゃと障ってくるんだ!!!』

 

と表現したのです。

そうか、やっぱり食べられないことは、相当なストレスだったんだ。

自分らしさを押さえつけられてる感覚があったんだ。

 

でも、今まで言えなかったんだな。

と思うと切なく思いました。

 

そこで、医師にその経緯を話し、

夏休みだけでもコンサータを中止してはいけないかと相談をしたのです。

 

そこで初めてインチュニブの存在を知りました(^^)d

 

思いきって、本人が嫌だと言ってる薬はやめて、インチュニブに変えてみることにしました。

 

太陽くんの変化

リスパダールインチュニブに投薬が変更になった太陽くんは、

 

変化①

食べる食べる。

 

食べる食べる。(笑)

 

二ヶ月ほどで3キロ、慎重も3㎝ほどぐぐっと大きくなってビックリしました!

 

変化②

とっても明るくなった!\(^o^)/

冗談を言ったり、とにかく明るい(^.^)

 

桜母ちゃんにとって、それが一番嬉しかったです!

もうコンサータは飲ませない!

そう思いました。

 

しかし、それは太陽くんの場合であって、どのくすりのどの量が適量かは個人によって違うので、慎重な判断が必要です。

 

そして、夏休み中はいくら寝てくれても、多少集中力がコンサータの頃に比べて劣っていても、のんびりやれば良いので問題は感じませんでした。

二学期が始まって

コンサータで無くなっているので、先生方は苦労したことでしょう。しかも、医師はリスパダールは夜のみで良いと判断しましたが、

 

学校側が朝も処方してもらってくださいとの要望があったので、朝も服用することになり、

夜は9時に寝て、朝は6時半まで寝ている太陽くんですが、

学校の授業中にも、なにをしても起きないという大爆睡が始まったのでした(笑)

 

完全に副作用です。

少しずつ身体がなれてきたとはいえ、未だに寝てしまうことがあるそうです。

 

先生スミマセン(;゜∇゜)

 

薬の量の調節

これは本当に難しいです。

現在の太陽くんも未だに寝てしまうことがあります。アレルギーの薬といえば、眠気を誘うので、そちらを減らしてもらったり、減らした途端に鼻が詰まって眠れなかったり。

 

あれやこれやと試し中です。

 

一日も早く太陽くんが快適に過ごせる日がやって来ますように。

 

ただ、太陽くんらしさを無くしてしまう薬は出来るだけ使わない。ときめた桜母ちゃんでした。

 

頑張ってる!あたし!

頑張ってる!天使ママ!

頑張ってる!病気っ子ママ!

頑張ってる!自閉っ子ママ!

頑張ってる!シンママ・シンパパ!

頑張れ!脱モラハラ

  自分らしく生きよう! 桜