保育士は天使ママ

県内有数のお嬢様大学卒で、憧れの保育士にもなり、学生時代から付き合っていた大好きな彼とも結婚ゴールイン!からの義母との同居、DV、モラルハラスメント、子どもとの死別、離婚・・・。などなどの大転落人生。笑いありちょっぴり涙ありの天使ママになった保育士、きもったま母ちゃん桜の大奮闘記。自由への扉。

先天性心疾患~病児支援級①~

きもったま母ちゃん桜です(^^)v

 修学前検診

ひまわりちゃんは来年度、一年生になります。

太陽くんの時にも、一年生になる前の秋にありましたが、

引っ越し前の事なので、

今回の学校がどんなやり方なのかドキドキしながら、

指定された日を待っていました。

同じ市内でも日にちは違う

保育園でも、

年長さんの子は自分の行く学校の修学前検診の日に合わせて、学校に出掛けていきました。

 

ひまわりちゃんの番はいよいよ来週。

と言うとき、

 

ひまわりちゃんとは違う学校の親御さんから聞かせてもらった話がありました。

 

それはもう桜母ちゃんにとって、

衝撃的な内容でした。

病児支援級

生まれつきの病気や肢体に不自由さがあり、支援が必要のある子には、病児支援級というクラスがあって、

 

別枠で修学前検診を受けていた。

 

という話でした。

 

そんなクラスがあるの!

桜母ちゃんは知りませんでした( ̄▽ ̄;)

 

発達障害児向けの発達支援級があるのは知っていたけれど、

病児の為の病児支援級があるのだそうです!

 

病児支援級の支援の在り方

そして、病児支援級では、知的に遅れのない場合、

支援級在籍普通級通い!

 

!!(゜ロ゜ノ)ノ

 

なにそれ!

とってもいいじゃない!!!

 

そして、個人の持つ病気の特性によって、

普段は普通級に登校し、皆と同じように過ごして、

見学をしないといけない体育などは、

見学ではなく、支援級に来て、宿題なり、他の勉強なりをさせてもらえる

であったり、

校外学習の際は

支援級の先生が一人付いてくれる。

など、個人によって合わせた支援が受けられるのだそうです。

 

すごい!ありがたい!!

修学前検診当日

そうか!

そんな制度があるのなら、

ひまわりちゃんは別枠で検診があるんだなー。

と思いながら迎えた当日。

 

…。

 

( -_・)?

特に何も言われないし、皆と同じ列。

 

何でだろう…。

 

もしや!自分から申告しないといけなかったのかも!!!

 

そうですよね!

知らなかったのは桜母ちゃん。

 

あー、ひまわりちゃんごめん( TДT)

無知な母ちゃんが悪かった…。

 

と思いながらも、

 

最後の質問時間に

教務主任の先生の所に行きました。

 

『スミマセン、事前に言わないといけなかったのかもしれないのですが、娘には生まれつき先天性心疾患がありまして…。』

 

と説明すると

 

『保育園から、そのような連絡が来ていないのですが…。そうなんですね。病児支援級をご希望されるなら、市役所に連絡しておきますね。』

 

と回答を下さいました。

 

『今のこの学校には病児支援級はありませんが、娘さんの病気が、国の難病指定された病気であるならば、病児支援級を立ち上げる権利が親御さんにはあります。』

と回答を頂きました。

疑問

あれ?

今の回答によると、事前に保育園から連絡があるべきだったのかな?

保育園に確認

翌日、保育園の(あの怖くてちょっと意地悪な)園長先生に、

 

 

www.kimotamakachan.com

 

恐々…。

 

『あの、昨日、修学前検診に行ってきたのですが、病児クラスを希望する場合、親から市役所に言えば良かったのですか?

それとも、保育園から連絡するものなのですか?』

と聞いてみました。

園長先生の反応

(´・ω・`)?

何の事?って感じで、

『ちょっとお待ちくださいね。お返事明日でもよろしいですか?』

 

と、フワッとかわされその日の話は終わりました。

 

なんだ?

何だか良くわからないぞ?

引っ越してきて、

色んな制度を知らないまま、

もしやひまわりちゃん出遅れた?

頑張ってる!あたし!

頑張ってる!天使ママ!

頑張ってる!病気っ子ママ!

頑張ってる!自閉っ子ママ!

頑張ってる!シンママ・シンパパ!

頑張れ!脱モラハラ

  自分らしく生きよう! 桜