保育士は天使ママ

県内有数のお嬢様大学卒で、憧れの保育士にもなり、学生時代から付き合っていた大好きな彼とも結婚ゴールイン!からの義母との同居、DV、モラルハラスメント、子どもとの死別、離婚・・・。などなどの大転落人生。笑いありちょっぴり涙ありの天使ママになった保育士、きもったま母ちゃん桜の大奮闘記。自由への扉。

先天性心奇形~病室は明るい!~

きもったま母ちゃん桜です(^^)v

 意外かもしれませんが、

小児循環器病棟はお母さん達がとっても明るいです!!

 

だから入院すること自体は好ましいことではないけど、桜母ちゃんはあの病棟の雰囲気は好きです(*^ー^)ノ♪

 

不思議ですよね。

みんな生と死との間でこどもたちが頑張ってる病棟なのに。

 

でもそれは必然の事でした。

 

病気を持つ子どもの親たちは普段

 

『病気の事を話したところで本当には理解してもらえない』

『同情されても病気は治らない』

『なんで家の子だけ』

『興味本意で近寄ってくる人にうんざり』

 

色んな負の気持ちを持ってしまいがちで

近所の人や友だちにも、やはり本音で話をすることが出来ないのです。

 

でも病棟には

『子どもに病気があることを心から分かりあえる人たちがいる』という安心感や信頼感から

 

みんな明るくざっくばらんに色んな相談をします。それに、悩んでいるママを見つけると自然に話に加えてくれて、先輩ママ達の話を聞く内に

 

色んな福祉面の話や手続きなども、役所やお医者さんからは教えていただけない情報交換が出来たり。

 

何よりも

『辛い』

と声に出さなくても

 

皆が同じ思いをしていることが分かっているからこそ、あえて日常会話が楽しめたりするのですd(⌒ー⌒)!

 

そして、

誰もが口には出さないけれど

『子どもの前で笑顔でいよう。』

『不安は与えない』

 

そんな気持ちが皆から溢れていて、

 

みんな、

ギリギリの精神状態で踏ん張っているのに

 

笑顔でいるんです

 

泣くのは…

子どもが麻酔に落ちて

手術室に入っていった後だけ。

 

迎えるときも笑顔

 

それでも仲間はみんな

 

その人が心の中でどれほど泣いているか知っているから。

 

頑張ってる!あたし!

頑張ってる!天使ママ!

頑張ってる!病気っ子ママ!

頑張ってる!自閉っ子ママ!

頑張ってる!シンママ・シンパパ!

頑張れ!脱モラハラ

  自分らしく生きよう! 桜