保育士は天使ママ

県内有数のお嬢様大学卒で、憧れの保育士にもなり、学生時代から付き合っていた彼とも結婚ゴールイン!からの義母との同居、DV、モラルハラスメント、子どもとの死別、離婚・・・。などなどの大転落人生。笑いありちょっぴり涙ありの天使ママになった保育士、きもったま母ちゃん桜の大奮闘記。自由への扉。

難病~抜歯~

きもったま母ちゃん桜です(^^)v

心内膜炎

半年近くもブログをお休みしていると、書きたいことが満載です(^_^;)

忙しすぎてブログ放置しすぎていました

( ̄ω ̄;)

抜歯

先週、ひまわりちゃんは8歳にして、

何と、自然抜歯ではなく、虫歯で抜歯をしました( TДT)

 

何故かと言いますと

www.kimotamakachan.com

 と言うわけで、虫歯が進行すると、心内膜炎と言う病気になってしまうのです。

 

コロナの影響が少なからず

私の仕事が急に忙しくなって、子ども達も小学生に上がり、仕上げみがきをしなくなってしまっていたので、

 

三ヶ月に一度定期検診に行っていたにも関わらず、虫歯になってしまったひまわりちゃん…。

 

本来なら、大量の抗生剤を飲んだ後に

治療。、となるのですが、今はコロナ渦。

 

心臓の手術をした病院では、

機械を使った治療を今はしていません。

この、コロナの落ち着くまでは再開の目処もたっていないとのこと。

 

しかし、正直治療をしなければ、

命に関わると言われました。

 

もちろん、母ちゃんは即答です。

『抜いてください』

 

歯の一本。命には変えられません。

 

ひまわりちゃんも、もう分かっています。

一言も発せずに受け入れました。

 

抜歯当日

ひまわりちゃんは、

『痛いかなぁ?』と、ぽそりと聞きました。

『抜く』と決めてから一週間、直前までその言葉を自分の胸のなかにしまっていたのです。

 

『ちゃんと痛くないように麻酔をしてくれるから大丈夫。すぐに終わるよ。麻酔がキレると痛くなるけど、痛くなる前に薬を飲もうね!そうしたら、そんなに痛くないよ。』

 

キチンと先の見通しを立たせます。

 

それは、歯医者の先生も同じでした。

『ひまわりちゃん、抜いた後は痛いよ。でも、薬あげるからね』

と。

 

よかった。下手に嘘を付くよりも、ちゃんと説明する方向で正解だったんだ。

 

ひまわりちゃんは、麻酔の注射の時だけ、

小さく

『あーーーぁーー』

と、唸っていましたが、全く動きません。

すごい。8歳の子が…。

 

ひまわりちゃんは知っているから。

命を守るには、リスクを伴う治療が有ることも。

自分が生きるためには、我慢が必要なことも。

沢山沢山、経験してきているから。

 

涙が込み上げそうになるけれど、

こんなときこそ、笑うよ母ちゃんd(^-^)


f:id:kimotamakachan:20200508012350j:image

『ひまわりすごーーーーい!』

『これからはうどんが出てこないように気を付けてねー(笑)』

 

なーんて冗談をいいながら、よく頑張ったと誉めます。

先生に

『ありがとうございました』

って言えたひまわりは、私の誇りです。

 

先生、いつも、ひまわりの命を助けてくださって、本当にありがとうございます。

感謝の気持ちしかありません。

 

私は、色々なことにくるしいくるしいと言うけれど、

 

良いこと無いかなぁ。なんて呟くけれど、

 

モラ夫のもとから解放されて、

太陽が生きていて、

ひまわりが生きていて、

幸せなのですね。

 

月くんさえ、ここにいてくれたら、

もっともっと、幸せと思えただろうな。

 

もうすぐ月くんの命日。

10回目の命日。

生まれ変わってしまうのかな。

もう、私の月ではいてくれなくなるのかな。

 

そんな不安もよぎるけど、

私が生きている限り、月は私の息子。

 

太陽の弟で、ひまわりの兄。

それはずっと、変わらないはず。

 

ひまわりちゃん!

これからは、しっかり仕上げみがきまでしようね!!!

頑張ってる!あたし!

頑張ってる!天使ママ!

頑張ってる!病気っ子ママ!

頑張ってる!自閉っ子ママ!

頑張ってる!シンママ・シンパパ!

頑張れ!脱モラハラ

  自分らしく生きよう! 桜