保育士は天使ママ

県内有数のお嬢様大学卒で、憧れの保育士にもなり、学生時代から付き合っていた大好きな彼とも結婚ゴールイン!からの義母との同居、DV、モラルハラスメント、子どもとの死別、離婚・・・。などなどの大転落人生。笑いありちょっぴり涙ありの天使ママになった保育士、きもったま母ちゃん桜の大奮闘記。自由への扉。

育った家~解体~

きもったま母ちゃん桜です(^^)v

育ててもらった家

私は、父と母が家を建ててから一年後に生を受けました。

 

いつも優しさに溢れてて、

でも、共働きの家庭だったので、

当時ではまだ珍しかった鍵っ子。

2年生の頃から家に帰るとしばらく一人。

 

だから、私は、帰ると必ずこの家に向かって、

『ただいまー!』

と言っていました(*^^*)

 

防犯の意味もありました。

 

習い事に出掛けるときも、

自分で鍵を掛けて、

家に向かって

『行ってきまーす!!』

 

それは、私にとって、決して寂しいことではありませんでした。

何故だろう。

この家を家族のように思っていたから?

かな。

 

習い事から帰ると、兄弟も帰ってきて、両親も帰ってきて、家は温かさに包まれて。

 

私は、幼少期は本当に幸せだったと思います。

 

だから今、踏ん張れているのだと思います。

限界

この家が建って、約40年…。

 

何度か改築をしたり、父が工夫をして住みやすくしたり、それでも地盤は緩んでいき、

家は傾き、扉も隙間が出来たり閉まらなかったり(笑)

 

それでも、その度に補修して補修して、

大切にしてきた家。

 

しかし、父は他界し、

私が子どもを連れて出戻りしてきたこと。

兄夫婦が家を建てるタイミングで有ること。

そして、頑張ってきたこの家の寿命…。

 

色んな条件が重なって、

 

今回、

 

新しく建て替えることとなりました。

亡くなった父がいたら、何て言うだろう…。

 

『まだまだ大丈夫。』

そういうだろうか。

『立て替え時だよ』

そういうだろうか。

 

父はもういない。

私と母とでこの家の手入れをしていくのは、

正直限界でした。

 

きっと、父は新しく建て替えることを

賛成してくれるに違いない。

 

そう思えるまでに、

私も母も一年かかりました。

 

それほど、愛された家。

 

家の解体

いよいよ、

家の解体作業が始まりました。

 

母は『見たくない』

と言いました。

だから私はこの大切な家を一人で

『看取る』

事にしました。

 

誰にも看取られず逝くなんて、寂しいから。

 万が一母の目に触れて悲しい想いをすると行けないので、画像はごく一部だけを乗せます。

解体初日

足場を組みます。

もう壊してしまう家なので、足場のためのパイプも容赦なく家の中にも入り込みます。


f:id:kimotamakachan:20180615103043j:image


f:id:kimotamakachan:20180615103129j:image

解体二日目~

家中の扉やガラスを外していきます。


f:id:kimotamakachan:20180615132826j:image

解体四日目~

瓦を降ろしていきます。


f:id:kimotamakachan:20180615133024j:image


f:id:kimotamakachan:20180615133101j:image

 瓦が無くなりました。

解体五日目以降

まだ使えそうなものは解体業者が回収して行きます。

必要ないものは分別して処理上へ運ばれます。

いよいよ

家が何日間かかけて、壊されていきました。

画像は載せません。

 

涙が出るかと思ったけど、

 

思っていた気持ちとは裏腹に

感謝の気持ちしか出てきませんでした。

 

そして、

何も無くなっていきました。


f:id:kimotamakachan:20180615133712j:image

このあと、

とてもキレイな更地になりました。

 

 

 

頑張ってる!あたし!

頑張ってる!天使ママ!

頑張ってる!病気っ子ママ!

頑張ってる!自閉っ子ママ!

頑張ってる!シンママ・シンパパ!

頑張れ!脱モラハラ

  自分らしく生きよう! 桜